コア・ライフプランニング

保険のご相談はコア・ライフプランニング

採用情報 – インタビュー – 濱村 由起子

"保険"という仕事を通じて
営業職こそが私の天職だと実感
もっと私を知って欲しい!

鹿児島支社 支社長濱村 由起子

MDRT 2021年度成績資格会員(入賞1回)mdrt

– INTERVIEW –

沢山のお客様に出逢う為、多くの資格を取得し万全の準備を整えてきました

兵庫県で生まれ、中学生の時に鹿児島へ引っ越し。その後23歳で結婚し現在に至ります。昔から人と接することや、数字を管理する事が好きであり、商業高校を卒業後、銀行に就職しました。銀行の窓口業務ではお客様と話をしながら、毎日楽しく仕事をしていました。出産を機に退職(当時はまだ育休制度などが無かった為)しましたが、子育てをしながらも仕事をしたいと思い、数年の後、損害保険会社のスタッフとして、仕事に復帰しました。この時が初めて"保険"に携わる仕事であり、日々勉強しながら損害保険の営業サポートを行う中で、「もし私が営業担当だったら、もっとお客様にこうするのに」と感じることもあり、自分自身が営業の仕事をやってみたい!という意識が芽生えました。そこで、まず今の自分に出来ることは「生命保険も含めてしっかりと知識を習得することだ。」と考え、日々勉強を重ねて、様々な資格を取得しました。そして、スタッフとして勤務し8年が経過した頃、子育ても少し落ち着いて来たこともあり、本格的に保険の仕事に携わりたいと思い、損害保険会社に正社員として転職しました。入社した当時は事務担当でしたが、約半年で営業部門に転属。自分の中で、"営業として開花することが出来た瞬間"でした。今まででやりたかった仕事がここで出来ると確信し、「誰よりも分かりやすく説明が出来る営業」を目指すうち、お客様もどんどん増えていきました。次第に、生命保険と損害保険の両方を扱える仕事を通じて、もっとたくさんのお客様と出会いたい!と感じるようになり、この想いが、コアライフとのご縁に結び付きました。ご縁をいただきコアライフという保険代理店の話を聞いている中で、様々な企業と提携し、会員様をご紹介いただけるビジネススキームを知り、「私にぴったりだ!」と感じ、転職を決意しました。

お客様から欲しい言葉は、「濱村由起子に出逢えて良かった」

「お金のこと、保険のこと、これからの人生設計について悩みがあり、相談してみたい」。そんなお客様とお会い出来るコアライフの仕組みに感銘を受け、日々熱い想いで頑張っています!この仕組みにおいて、コアライフNo.1を自負し、一人でも多くのお客様に自分自身のことを知っていただき、「濱村由起子に出逢えて良かった!」と思っていただけるよう、日々邁進しています。鹿児島に限らず、日本全国どこでも行きます!と言うスタンスを貫いています。自分が本当にやりたかった仕事なので、誰よりも熱量は高く取り組んでいます。

実力主義の業界で自分自身がどこまで頑張ることが出来るのか…

社内における評価も含め、自分自身で結果が目に見える仕事なので、もっと頑張ろうと思えます。お会いさせていただいた全てのお客様を大切に思っていますし、信頼関係を築きたいと思っています。当たり前のことかもしれませんが、お客様と一緒にこの先の人生を歩いていく。あまりに仕事に夢中になりすぎるので、少し休むことも体調を維持する為には必要なのかなとも思いますが、今はお客様とお会いしていることが楽しくて疲れません(笑)コア・ライフに転職して最初の1年は、実力主義のこの業界で、本当にお客様のお役に立てる!という感覚を掴めるまで、少し不安でした。しかし、お客様のお役に立つため活動していく中で、会社から認められ、提携企業様からも高い評価をいただけるようになりました。これからも出逢ったお客様の人生が少しでも良くなるように、全力でお手伝いしていきたいです!

まさに天職!心が動く面談をこれからもお客様と続けたい…

お客様ひとりひとりに出逢う中で、私は常に楽しさを感じています。決まったパターンがある訳ではなく、そのお客様ごとに話す内容も違えば、ご面談時間も変わります。先日、健康診断のちょっとした待ち時間にお客様のことを想い出し、メッセージのやりとりをしているうちに2件のご紹介をいただきました(笑)常にお客様の事を考えているので手帳のスケジュールがびっしり埋まっています。人と逢うことが好き。人に教えることも好き。新しい情報はすぐにお伝えしなきゃ!と体が勝手に動いています。きっと私は仕事だから…と思ったことがないんだと感じています。

入社をお考えの方へアドバイス

私がここで熱く楽しく仕事が出来ているのは、今の環境のおかげです。使命感を持って、常にお客様とお逢いし続けようと思えるかどうかで、生き方は大きく変わると思っています。同じ会社のメンバーと日々情報交換を行い、先輩方の背中を見ながら一生懸命付いていこうと必死です。今回は"濱村由起子"の名前を知って頂けるだけでも嬉しいです。これからも心が動く面談を常に意識して努力します。ありがとうございました!