【法改正】当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。 ※令和5年10月1日の法改正を受けた記載 消費者庁管轄 国民生活センター (外部リンク)

公共料金の支払いに相性抜群のおすすめクレジットカードは?お得な高還元率やメリットデメリットまで比較

公共料金 クレジットカード

読者

公共料金はクレジットカード払いにできる?

読者

高還元率のクレジットカードが知りたい

公共料金もクレジットカード払いにすればポイントが貯まります。

毎月払う金額のため、還元率の高いクレジットカードであればどんどん貯まる仕組み作りが可能です。

しかし、クレジットカード払いにした場合はデメリットがあるのも事実です。

この記事では、公共料金をクレジットカード払いにした時のメリットやデメリット、変更方法を詳しく解説します。

高還元率ランキングもありますので、検討している方はぜひ参考にしてください。

公共料金クレジットカード払いのまとめ
  • 高還元率のクレジットカードであればポイントはどんどん貯まる
  • 公共料金をクレジットカード払いにすると支出の把握がラクになる
  • クレジットカードよりも、口座引き落としの方がお得な場合もある
  • 自分の使用料を考慮してクレジットカード払いを検討しよう
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー-鳥谷-威
ファイナンシャルプランナー
鳥谷 威さん
大学卒業後、大手インフラ会社でご家庭の光熱費削減や新電力の提案業務に約4年ほど従事。
現在は【光熱費見直しFP】として活動中。
FPとしての実績は、個人相談業務、ライフプラン表の作成、中小企業への企業型確定拠出年金の導入、また日本FP協会でのアシスタント相談員も務める。また現役世代の人を中心とした長期での資産形成や、家計の見直しなどについても発信しています。 <保有資格>FP®認定者CFP1級技能士、DCプランナー2級
鳥谷 威さん公式ホームページ

公共料金の支払いでお得なおすすめクレジットカードランキング

公共料金の支払いでお得なおすすめクレジットカードランキング
公共料金の支払いにおすすめのクレジットカードを、一挙に解説します。

公共料金をクレジットカード払いにする場合、還元率と共にチェックしたいのは、ポイントの利用方法です。

ポイントを貯めて自分のよく使うポイントに変更すると無駄にせず使えますので、どのポイントに変更できるのかも把握してみましょう。

ポイントを貯める時はなるべくカードを1枚にまとめた方が貯まりやすいため、日頃使っているポイントをきちんとチェックしておきましょう。

カード名 ポイント還元率 年会費 国際ブランド
三井住友カード 0.5%〜 永年無料 Visa、Mastercard
au PAYカード 1.0%〜 永年無料 Visa、Mastercard
dカード 1.0%~ 永年無料 Visa、Mastercard
リクルートカード 1.2%〜 永年無料 Visa、Mastercard、JCB
JCB CARD W 1.0%~ 永年無料 JCB
PayPayカード 1.0%〜 永年無料 Visa、Mastercard
イオンカード 0.5%~ 永年無料 Visa、Mastercard、JCB
エポスゴールドカード 0.5%~ 5,000円(税込) Visa
三菱UFJカード VIASOカード 0.5%~ 永年無料 Visa、Mastercard、JCB

三井住友カード

三井住友カード
※出典:三井住友カード

三井住友カードのおすすめポイント
  • 200円の公共料金の支払いで1ptのVポイント
  • 対象のコンビニ・飲食店で最大18%還元
  • Tポイントも利用できるようになる
三井住友カードは、公共料金の支払いで0.5%のVポイントが貯まります。

特徴は、カード番号が記載されていないナンバーレスカードを発行しているため、他人からの情報を読み取られるリスクが減り、セキュリティ面でも高い評価を得ていることです。

また、対象のコンビニや飲食店の決済で利用する時にもお得なサービスがあり、カードタッチ決済なら5%還元、スマホでタッチ決済なら7%還元にアップします。

対象コンビニや飲食店は以下の通りです。

対象コンビニや飲食店
セブンイレブン・ローソン・マクドナルド・すき家・サイゼリヤ・ガスト・ドトールなど

さらに、2024年からはVポイントとTポイントが統合予定のため、全国のTポイント提携先やVisa加盟店でポイントを使った支払いも可能です。

クレジットカード 三井住友カード(NL)
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%~
ポイント Vポイント
電子マネー ・iD
・WAON
・PiTaPa
タッチ決済 ・Visaのタッチ決済
・Mastercard®コンタクトレス
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
追加カード ・家族カード
・ETCカード
保険または補償 ・海外旅行傷害保険(最高2,000万円/利用付帯)
・紛失・盗難サポート
マイル交換 ANAマイル
発行スピード 即時発行(最短30秒)
※最短30秒発行受付時間:9:00~19:30

\三井住友カード(NL)公式サイトはこちら/

au PAYカード

au PAYカード
※出典:au PAYカード

au PAYカードのおすすめポイント
  • 公共料金の支払いで100円につき1ptのPontaポイント
  • auやUQモバイルを利用している方は割引
  • 最大10,000Pontaポイントがもらえる
スマートフォンのキャリアがauやUQモバイルの方は、支払い方法をau PAYカードに設定するだけで毎月のスマホ代が割引されます。

さらに、新規入会と利用特典として以下の条件を満たすと、最大10,000Pontaポイントがもらえますのでチェックしましょう。

利用特典の条件
  • au PAY残高チャージとショッピングで5%ずつ還元。最大8,000Pontaポイント付与
  • 公共料金またはETC利用で2,000Pontaポイント付与

さらに、au PAYマーケットでお買い物をすると最大7%還元されます。

年会費はかかりますが、還元率を重視するならau PAYゴールドカードなら最大9%還元となります。

Pontaポイントの利用方法
  • au PAYマーケットのショッピングで使える
  • ローソンやケンタッキーなどの提携店でも利用可能
  • au PAYの残高支払い
  • au携帯料金の支払い
クレジットカード au PAYカード
年会費 無料
※auサービス未契約かつ1年間カード利用がない場合は1,375円の年会費がかかる
ポイント還元率 1.0%〜
ポイント Pontaポイント
電子マネー au PAY
タッチ決済 ・Visaのタッチ決済
・Mastercard®コンタクトレス
対応スマホ決済 Apple Pay
追加カード ・家族カード
・ETCカード
保険または補償 ・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
・ショッピング保険(最高100万円)
・カード不正利用時の損害補償
マイル交換
発行スピード 最短即日

\au PAYカード公式サイトはこちら/

dカード

dカード
※出典:dカード

dカードおすすめポイント
  • 公共料金の支払い100円につき1dポイント
  • ドコモ利用料金の引き落としで50ポイント貯まる
  • 初めての利用で2,000ポイントプレゼント
dカードはドコモの利用をしていると、お得にポイントが貯まります。

『dカード』『ドコモ光』『ドコモでんき』いずれかの利用料金をdアカウントで紐づけた三菱UFJ銀行の口座に設定すると、dポイントが50ポイントも貯まるのでおすすめです。

さらに、dカードキャッシュレス利用特典として、入会・利用・Webエントリーで最大2,000ptもらえるキャンペーン中です。(2024年4月現在)

すでに、dカードの申し込みを検討している方は、お得なキャンペーン期間中の申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

貯まったポイントは1ポイントから携帯料金に充当できる他、JALマイルやスターバックスカードにも交換できます。

クレジットカード dカード
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%〜
ポイント dポイント
電子マネー iD
タッチ決済 ・Visaのタッチ決済
・Mastercard®コンタクトレス
対応スマホ決済 Apple Pay
追加カード ・家族カード
・ETCカード
保険または補償 ・紛失・盗難保障
・お買い物あんしん保険(最大100万円)
・dカードケータイ補償(購入後1年間最大1万円)
・海外旅行保険(最大2,000万円)
・国内旅行保険(最大1,000万円)
マイル交換 JALマイル
発行スピード 1~3週間(審査最短5分)

\dカード公式サイトはこちら/

リクルートカード

リクルートカード
※出典:リクルートカード

リクルートカードのおすすめポイント
  • いつでも1.2%の高還元率
  • 公共料金の支払いでも還元率が落ちない
  • 1ポイント1円で利用ができる
リクルートカードは光熱費の支払いでも還元率が下がることなく、1.2%還元です。

高還元率のため、毎月必ずかかる金額もポイント加算できるから、どんどんポイントが貯まるおすすめのカードです。

さらに、貯まったポイントは『じゃらん』や『ポンパレモール』でリクルートカード決済すると最大4.2%のポイント還元率となります。

貯まったリクルートポイントは、Pontaポイントやdポイントに交換でき、1ポイント1円分として利用ができますので使い道に困ることはないでしょう。

年会費無料な上、群を抜いた高還元率のリクルートカードは、ポイントをどんどん貯めてお得に使いたい方には見逃せないカードです。

クレジットカード リクルートカード
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.2%〜
ポイント リクルートポイント
電子マネー ・nanaco
・楽天Edy
・モバイルSuica
・SMART ICOCA
タッチ決済 JCBタッチ決済
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
追加カード ・家族カード
・ETCカード
保険または補償 ・ショッピング保険(年間200万円)
・海外旅行保険(最高2,000万円)
・国内旅行保険(最高1,000万円)
マイル交換 JALマイル(Pontaポイント経由)
発行スピード 1~3週間(審査最短10分)

\リクルートカード公式サイトはこちら/

JCB CARD W

JCB CARD W
※出典:JCB CARD W

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • 最大18,000円キャッシュバックキャンペーン中(2024年4月現在)
  • 公共料金の支払いで1.0%のポイント還元
  • JCBの中で高い還元率のカード
JCB CARD Wは公共料金の支払いで1.0%のポイント還元、国内外の利用ならOki Dokiポイントが1,000円につき2ポイントも貯まります。

また、2024年4月時点では、新規カード入会で、条件達成すると最大18,000円キャッシュバックキャンペーンがあります。

条件達成するには

条件達成
  • ①WEB入会時にキャッシングサービス枠を設定し、ショッピングを合計1万円(税込)以上利用すると抽選で200名様に5,000円キャッシュバック
  • ②新規入会月+2ヵ月後の15日までに以下の条件でカードを利用
    ・Amazon.co.jpを利用すると20%キャッシュバック(最大10,000円)
    ・Apple Pay・ Google Pay(TM) 利用で20%キャッシュバック(最大3,000円)

貯まったOki Dokiポイントは以下のような使い方も可能です。

Oki Dokiポイント
  • キャッシュバック Oki Dokiポイント1pt→3円
  • Amazon.co.jpでの支払いに利用 Oki Dokiポイント1pt→3.5円
注意しなければならないのは、新規入会が18〜39歳の方限定ということです。

ただし、39歳以前に入会しておけば、あとは継続して利用可能ですので入会年齢は気をつけましょう。

クレジットカード JCB CARD W
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%〜
ポイント Oki Dokiポイント
電子マネー QUICPay
タッチ決済 JCBタッチ決済
対応スマホ決済 ・Apple Pay
・Google Pay
追加カード ・家族カード
・ETCカード
保険または補償 ・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)※利用付帯
・海外ショッピング保険(最高100万円)
・紛失・盗難サポート
マイル交換 ・JALマイル
・ANAマイル
・デルタ航空スカイマイル
発行スピード ・ナンバーレス:最短5分
・通常:3営業日程度

\JCB CARD W公式サイトはこちら/

PayPayカード

PayPayカード
出典:PayPayカード

PayPayカードおすすめポイント
  • 最大3,000円相当のPayPayポイントがもらえる
  • PayPayカード200円ごとに1%ポイント還元
  • Yahoo!ショッピングでは毎日最大5%付与
PayPayカードは、さまざまなポイント特典があるので賢く利用するとお得に使えるカードです。

例えば、PayPayカードを新規申し込みすると3,000円相当のPayPayポイントが付与※されます。

基本的な還元率は200円につき1%ですが、Yahoo!ショッピングでは毎日最大5%付与されますのでお得です。

※ 対象期間:2024年4月3日(水)~【終了日未定、終了時は1カ月前に告知します】
※  出金・譲渡不可。PayPay/PayPayカード公式ストアでも利用可能。なお、所定の手続き後にPayPay加盟店にて使用できます。手続きはこちらからご確認ください。
※ PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカードも含む )会員の方は、PayPayカードにお申し込みできません。退会済みの方はお申し込みは可能ですが、本特典は対象外です。
キャンペーンの概要・特典の詳細は入会URLよりご確認ください。

ポイントアップの方法
  • ①PayPayポイント(PayPayカード特典)1%(※1)
  • ②PayPayポイント(指定支払い方法)3%(※1※2)
  • ③PayPayポイント(ストアポイント)1%

※1 出金・譲渡不可。PayPay/PayPayカード公式ストアでも利用可能。
※2 開催期間:2022年10月12日(水)~終了日未定(終了1カ月前に告知)。詳細はこちらをご確認ください
※3 2023年7月1日(土)より、ご利用金額200円(税込)ごとの付与。
※4  Yahoo!ショッピングでの商品購入時のみ利用可。有効期限あり。一部ストアではご利用不可。
※5 対象金額に対して付与されます。その他付与上限、条件あり。詳細はこちら。
※6 2023年12月1日(金)よりPayPayポイント付与にYahoo! JAPAN IDとLINEアカウントの連携が必要です。未連携の場合はヤフーショッピング商品券で付与されます。変更内容の詳細はこちらをご確認ください。

カードのデザインはナンバーレスカードのため、セキュリティ対策も高く安心して利用できるでしょう。

クレジットカード PayPayカード
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%〜
ポイント PayPayポイント
電子マネー PayPay
タッチ決済 ・Visaタッチ決済
・Mastercard®コンタクトレス
・JCBタッチ決済
対応スマホ決済 ・Apple Pay
追加カード ・家族カード
・ETCカード
保険または補償 なし
マイル交換
発行スピード 最短即日(審査最短2分)

\PayPayカード公式サイトはこちら/

イオンカード

イオンカード
※出典:イオンカード

イオンカードおすすめポイント
  • 各種公共料金の口座振替1件につき5WAONポイント
  • イオングループでの買い物がお得に利用できる
  • 年間ショッピング50万円以上の利用でゴールドカード
通常のお買い物で200円ごとに1WAONポイントが付与されますが、イオングループ対象店舗で買い物すると、いつでも2倍のポイントが貯まります。

さらに、毎月の『電気・固定電話・携帯電話・NHK』のお支払いで、1件につき5WAONポイントも付与されますので通常のポイント加算に加えてお得です。

たくさんのポイント特典がありますが、年間カードショッピング50万円以上の条件を満たすと、ゴールドカードが年会費無料で利用できますので、よく利用する方にはおすすめです。

クレジットカード イオンカードセレクト
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%〜
ポイント WAONポイント
電子マネー ・WAON
・イオンiD
タッチ決済 ・Visaタッチ決済
・Mastercard®コンタクトレス
・JCBタッチ決済
対応スマホ決済 ・Apple Pay
追加カード ・家族カード
・ETCカード
保険または補償 ・ショッピングセーフティ保険
・盗難・紛失保障
マイル交換 JALマイル
発行スピード 最短即日

\イオンカードセレクト公式サイトはこちら/

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード
※:出典:エポスゴールドカード

エポスゴールドカードのおすすめポイント
  • 年間50万以上利用すると無料で作れるゴールドカード
  • 空港ラウンジが無料で利用可能
  • ポイント3倍を3ショップまで選べる
エポスゴールドカードは、マルイやモディなど対象ショップの中から、ポイント3倍にできるお店を自由に3店舗も選べます。

しかも、年間のご利用金額に応じて年間ボーナスポイントが最大1万円分までプレゼントされる企画があります。

ゴールドカードは年会費が高いと心配される方もいるかもしれませんが、通常は5,000円かかるところを年間50万円以上の利用で翌年以降永年無料となります。

カードでの支払いが多い方は、検討してみてはいかがでしょうか?

ゴールドカードになると空港ラウンジも無料で利用できますし、海外旅行障害保険も最高補償金額1,000万円までの手厚い補償内容が付帯します。

クレジットカード エポスゴールドカード
年会費 年間50万以上の利用で翌年以降永年無料
それ以外:5,000円
ポイント還元率 0.5%〜
ポイント エポスポイント
電子マネー ・EPOS
タッチ決済 ・Visaタッチ決済
・QUICPay
対応スマホ決済 ・Apple Pay
追加カード ・家族カード
・ETCカード
保険または補償 ・エポスお買い物あんしんサービス
・盗難・紛失保障
・エポスカードの保険
マイル交換 ANAマイル
発行スピード 最短即日

\エポスゴールドカード公式サイトはこちら/

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード
※出典:三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカードのおすすめポイント
  • 新規入会で最大10,000円キャッシュバック
  • 携帯電話やネット・ETCなどの利用はポイントは2倍
  • 貯まったポイントは自動キャッシュバック
新規入会し入会してから3カ月以内に条件を満たすと、三菱UFJカード VIASOカードは、最大10,000円キャッシュバックがあるお得な特典があります。

まずは、以下の条件を満たすと8,000円キャッシュバック。

条件
  • 会員専用WEBサービスのID登録
  • 15万円以上のショッピング利用
2つの条件を満たし、さらに『楽Pay』に登録すると、2,000円のキャッシュバック、合計10,000円分のキャッシュバックがあるので非常にお得です。

さらに、携帯電話やネット・ETCなどの利用でポイントは2倍も付与されます。

貯まったポイントは1ポイント=1円として登録口座に自動でキャッシュバックされるため、面倒な手続きは一切不要です。

クレジットカード 三菱UFJカード VIASOカード
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%〜
ポイント VIASOポイント
電子マネー ・モバイルSuica
・楽天Edy
タッチ決済 ・Visaタッチ決済
・QUICPay
対応スマホ決済 ・Apple Pay
追加カード ・家族カード
・ETCカード
・銀聯カード
保険または補償 ・海外旅行保険
・ショッピング保険
マイル交換
発行スピード 翌営業日

\三菱UFJカード VIASOカード公式サイトはこちら/

公共料金をクレジットカード払いにした時の還元率比較

公共料金をクレジットカード払いにした時の還元率比較
公共料金をクレジットカード払いにした場合、還元率が下がるカードもあります。

公共料金の支払いに関しては、標準還元率が0.5%です。

しかし、これからご紹介するクレジットカードは、公共料金の支払いでも変わらず高還元率のためおすすめです。

クレジットカード名 還元率
リクルートカード 1.2%
エポスゴールドカード 最大1.5%
au PAYカード 1.0%
JCB CARD W 1.0%
dカード 1.0%

クレジットカード払いできる公共料金は?

クレジットカード払いできる公共料金は?
結論から申し上げると、現在はほとんどの公共料金をクレジットカード払いできるようになっています。

クレジットカード払いできる公共料金の主な種類は、以下のとおりです。

公共料金の主な種類
  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • 電話料金(固定電話・携帯電話)
  • インターネット接続料
  • 新聞代
  • NHK受信料

クレジットカード払いできる税金は?

クレジットカード払いできる税金は?
クレジットカード払いできる税金の代表的な例は、以下のとおりです。

クレジットカード払いできる税金の例
  • 自動車税
  • 固定資産税
  • 不動産取得税
  • 法人税
  • 相続税
  • 贈与税

など

出典:国税庁

お住まいの都道府県によってはクレジットカード払いに対応していない地域もありますので、必ず事前に調べておきましょう。

公共料金をクレジットカードで支払うメリット

公共料金をクレジットカードで支払うメリット
公共料金をクレジットカードで支払うと多くのメリットがあります。

具体的にどのようなものがあるのか、4点解説します。

公共料金の支払いでポイントがもらえる

なんといっても、クレジットカード払いにすることでクレジットカードのポイントが貯まります。

先にも述べたように中には1.0%以上の高還元率のクレジットカードも存在しますので、ぜひ高還元率のカードで支払いを検討してみましょう。

毎月必ずかかる公共料金は、効率よくポイントを貯めるのにおすすめです。

公共料金の払い忘れを防げる

払込用紙であれば、つい支払いを忘れてしまうこともあるでしょう。

しかし、クレジットカード払いにすることで、毎月の支出の管理が楽になります。

カードの明細で一覧を調べられますので家計簿をつけるのにも、とても便利です。

公共料金の支払日がまとめられる

それぞれの支払いはバラバラでも、1枚のクレジットカードに集約することで支払日がまとめられるというメリットもあります。

ただし、時折締め日からズレて2カ月分がまとまってしまうこともありますので、明細書はきちんとチェックするようにしましょう。

クレジットカードの利用実績になる

毎月引き落としされる公共料金は、クレジットヒストリーを作るのにも向いています。

クレジットヒストリーとは
クレジットカードの利用履歴のことで、毎月きちんと支払いを続けていくことで良いクレジットヒストリーを積み上げることが可能です。
クレジットヒストリーが使われる場面としては、ローンやキャッシングなどの借入審査の際に利用されます。

中高年になってもクレジットカードを1枚も持ったことがなければ、逆に何も審査する内容がないため評価が低くなり審査に落ちてしまうこともあります。

なぜならクレジットヒストリーが空白だということは、過去に債務整理などの手続きをしたためクレジットヒストリーが空白になったと間違えた解釈をされる可能性があるからです。

そのため、いざという時のために良いクレジットヒストリーを積み上げていることが大事だといえます。

公共料金をクレジットカードで支払うデメリット

公共料金をクレジットカードで支払うデメリット
公共料金をクレジットカードで支払うのは、ポイントが貯まって良いことづくめのように思えますが、デメリットも存在します。

どちらが自分のメリットに繋がるかきちんと把握してから利用するようにしましょう。

代表的な例を順に解説していきますので、参考にしてください。

口座振替の方が割引のお得な場合もある

公共料金のなかには、条件をクリアすると口座振替の利用で割引が適用されるものがあります。

たとえば、東京電力や関西電力など多くの電力会社では、1契約あたり当月分の電気料金から55円割引されます。

また、東京ガスも月ごとに55円(税込)の割引サービスが受けられるプランもあります。

割引金額は、利用金額にかかわらず一律で55円引き落としされるため年間で660円のお得になります。

ポイント加算よりも実際の割引金額の方がお得な場合もありますので、よく検討してみましょう。

ポイント還元率が下がるカードもある

クレジットカードの支払いは、ポイントが貯まりますが、中には公共料金の支払いに限りポイント還元率が下げている会社もあるので注意が必要です。

そのため、各クレジットカードの申込書はよくチェックするようにしましょう。

仮にクレジットカードの還元率が1.0%だった場合、毎月の支払い金額によって以下のようなことが考えられます。

月々の電気料金 クレジットカードの還元ポイント
3,000円 30ポイント
5,000円 50ポイント
6,000円 60ポイント

1ポイントが1円に換算される場合、月々の電気料金が5,600円以上になると口座割引よりクレジットカードの方がお得になります。

月々の支払い金額が大きい家庭ほど、クレジットカード払いの方がお得に使えるということが分かります。

カードの利用枠を消費してしまう

クレジットカードは限度額が設定されていますが、それは公共料金も例外ではありません。

そのため、限度額いっぱいまで利用する方や、高額な買い物予定のある月は気をつけなればなりません。

単発的に高額な買い物がある場合、審査はありますが一時的に限度額を引き上げることも可能なためクレジットカード会社に問い合わせしてみましょう。

地域によってはクレジットカード支払いができない

お住まいの地域によっては、クレジットカード払いができない場合があります。

公共料金を支払える市区町村は多いものの、税金に関しては対応していない市区町村もありますので事前に調べる必要があります。

公共料金をクレジットカードで払うためのやり方

公共料金をクレジットカードで払うためのやり方
公共料金をクレジットカードで支払うためには、どのような手続き方法があるのか分かりやすく解説します。

手続きの方法としては、以下の2点になります。

各クレジットカード会社のホームページから申込

まずは、クレジットカード会社のホームページから申込をします。

WEB上から手続きできる場合もありますが、変更用紙が送付されるケースもありますので記載し返送しましょう。

クレジットカード払いにする際には以下の点にも注意が必要です。

注意点
  • 引越しの場合はクレジットカード払いの設定を解除する
  • 契約者本人以外の名義では支払えないことがある
  • クレジットカードの更新や変更後は手続きが必要になる
変更して間もない場合は、カード会社の締め日によって翌月に請求がくる場合もありますので明細書はよく確認するようにしましょう。

公共料金の問合せ先にクレジットカード払いへの変更を申込

公共料金の問合せ先に連絡し、手続きをします。

こちらも郵送でしか対応していない場合もありますので、日数がかかることもあると考え、前持った手続きをするようにしましょう。

公共料金の支払い変更は、各電力会社やガス会社・水道局に個別で手続きしなければなりません。

最初は面倒かもしれませんが、一度手続きをしてしまえば同じ支払日で管理できますので臆せずやってみましょう。

公共料金をクレジットカードに関するよくある質問

公共料金をクレジットカードに関するよくある質問
公共料金をクレジットカード払いにする場合のよくある質問をまとめましたので、参考にしてください。

コンビニで公共料金をクレジットカードで支払える?

払込用紙をコンビニのレジで支払う場合、一般的には現金払いしか対応していません。

公共料金をクレジットカードで支払いたい場合は、事前にカード払いの登録手続きをしなければならず手間がかかります。

また、クレジットカード会社側の手続きだけでなく、現在契約している電力会社やガス会社にも申し込みが必要です。

しかし、セブンイレブンでは電子マネーのnanacoを使って支払いが可能です。

nanacoはクレジットカードからの現金チャージができるため、紐付けすれば実質クレジットカードでの支払いは可能になります。

このように、数は少ないものの中にはクレジットカード払いができる場合もありますのでチェックしてみましょう。

クレジットカードの有効期限が更新されたら手続きが必要?

クレジットカードには有効期限が設けられていますので、更新手続きは必要です。

更新によってカード番号や種類が変わらないケースでも、有効期限とセキュリティコードなどの情報が変わるため、変更が必要となります。

また、クレジットカードを紛失した場合は末尾のカード番号が変更となりますので、こちらも忘れずに手続きするようにしましょう。

公共料金の支払いに楽天カードはお得ですか?

楽天カードは、通常の買い物還元率は1.0%ですが公共料金の支払いに関しては0.2%にまで下がってしまうため、あまりお得とは言えません。

お得なサービスがたくさんある楽天カードですが、公共料金の支払いにはおすすめできないカードといえます。

公共料金の支払いがクレジットカードにできないのはなぜ?

カード払いを導入すると公共料金の運営側に初期費用や運営費用がかかるため、口座振替との費用対効果を考えると導入できないという自治体があるためです。

市区町村によって対応は異なりますので、クレジットカード払いにしたい場合は問い合わせをするようにしましょう。

公共料金をクレジットカードのまとめ

公共料金をクレジットカードのまとめ
公共料金をクレジットカードで支払う場合、ポイント還元率と口座振替割引のどちらがお得かを検討することが重要です。

クレジットカード会社によっては、公共料金の支払いをした場合のポイント還元率が下がるケースもありますので注意しましょう。

また、お住まいの市区町村によってはクレジットカード払いに対応していない場合もありますので地域のサービス対応状況を確認してください。

ただし、クレジットカードを利用することで、支払い日をまとめて管理したり、良好なクレジットヒストリーを作ることも可能です。

自分にとってどちらの支払い方法が最もお得かを比較検討し、適切な選択をしましょう。